ルヴァン杯の仙台は強い。巧みな試合運びでFC東京を破って開幕2連勝。ホームでの公式戦初勝利で、雪の中で応援を続けたサポーターを喜ばせた。決勝ゴールの長沢は「(逆転負けした10日のリーグ戦の)神戸戦で悔しい思いをしたので、何としても点を取りたかった」と胸を張る。
 強い決意を得点につなげた。1-0の前半24分、梁勇基の左クロスが相手に当たり、ボールがこぼれた。遠めの位置だったが、迷わず右足を振り抜いた。仙台に移籍して初のゴールに「シュートを打つことが頭の中にあった。良いコースに飛んでくれた」。
 前半の攻勢も見事だったが、相手が反撃に転じてもブロックを組んだ守備で落ち...    
<記事全文を読む>