サッカーJ1の松本山雅FCは十三日、ルヴァンカップグループリーグ第二戦を、ガンバ大阪とパナソニックスタジアム吹田(大阪府吹田市)で迎える。山雅は九日のリーグ戦で浦和レッズに今季初黒星を喫したが、反町康治監督は「悲観するような内容ではなかった。今後ずるずるいかないように、G大阪戦は真価が問われる」と強い決意を述べた。

 G大阪はルヴァン杯初戦のジュビロ磐田に0-1で敗れている。磐田戦ではリーグ戦主力で、日本代表経験のあるGK東口順昭選手、DF三浦弦太選手が先発しており、山雅戦でも力のあるメンバーの出場が予想される。

 反町監督は「非常にコンパクトなチームで、個人の...    
<記事全文を読む>