サッカー元J1仙台の大久保剛志選手(32)=名取北高出=が2019年度、出身地の宮城県岩沼市の「いわぬま健幸大使」に就任する。市内の魅力をPRしてもらうだけでなく、子どもたちに夢や憧れを伝えてほしいと市が依頼し、大久保選手が応じた。
 市はサッカー教室を開いてもらったり、市内の小中学校で経験を語ってもらったりする「夢☆あこがれ授業」を計画する。大久保選手は「子どもたちにスポーツの楽しさを伝えたい」と話しているという。
 大久保選手はJ1仙台などで活躍し、14年からタイでプレーしている。18年はJ2京都に12月までの期限付きで移籍した。東日本大震災で被災した岩沼市な...    
<記事全文を読む>