18歳の田中がプロデビューを狙う。初めてベンチ入りした前節の鳥栖戦では出場機会がなく、ピッチの外から仲間の勝利を見届けた。同じ高卒新人の照山が先発出場を果たしただけに「悔しい気持ちがあったし、『もっとやらないといけない』と刺激にもなった」とライバル心を燃やす。
 11日の仙台ユースとの練習試合では3トップの一角に入り、柔らかなボールタッチで攻撃を演出。左クロスを押し込んでゴールも決めて首脳陣に猛アピールした。「J1のチーム相手にも力を出していきたい」と出番を待つ。

...    
<記事全文を読む>