10日、多賀城市のソニー仙台グラウンド。瀬田さんは古巣の練習試合で笛を吹いた。接触プレーで選手が倒れると迷わず試合を止める。「開幕1週間前だからけがは絶対禁物。選手第一です」。黒いユニホームが厳然としたジャッジを際立たせていた。
 大学サッカーの強豪・東京学芸大から2008年ソニー仙台に加入。冷静な判断力と統率力でボランチとして活躍した。天皇杯ではJ1の仙台や鹿島を破る大金星を挙げた試合にも出場した。
 震災は初めて主将として迎えるシーズンの開幕直前に起きた。選手が勤務するソニー仙台テクノロジーセンターは2メートルほどの津波が押し寄せ、壊滅的な被害を受けた。ブルーレ...    
<記事全文を読む>