サッカーの元日本代表DFで、NHKサッカー解説者の山野孝義さん(63)が9日、佐賀市の北陵高サッカー部を指導した。約1時間半、部員29人に関西弁で本音をぶつけ、勝つために必要な要素を植え付けた。

 山野さんは現役時代にヤンマーでDFとして活躍。引退後は国見高(長崎)などでコーチを務め、現在はテレビやラジオのサッカー解説のほか、日本フットボールリーグ(JFL)のFC大阪でスペシャルアドバイザーを務めるなど後進の育成にあたっている。

 山野さんは試合形式の練習を通して、攻守の切り替えを速くするよう徹底的に指導。マークした相手選手に自由にプレーさせないこと、相手にプレ...    
<記事全文を読む>