東日本大震災があった2011年にサッカーのワールドカップ(W杯)ドイツ大会を制し、日本中に勇気をもたらした女子日本代表「なでしこジャパン」。今年6月開幕のW杯フランス大会をへて、「復興五輪」を理念に掲げる来年の東京五輪に挑む。福島市出身の高倉麻子監督(50)に「スポーツの力」を聞いた。

 (上條憲也)

 -震災から8年がたった。

 「被害に遭われ、まだまだ難しい状況にいる方は多くいらっしゃいます。震災後しばらくは、小さな子どもがいる友人らは非常に神経質になっていました。外で遊ぶことを制限されたり不便な思いをしたり、不安もあったでしょう。私の実家や友人の家も除染で庭...    
<記事全文を読む>