サッカー明治安田J2の第3節、開幕2連勝中のFC琉球は10日、沖縄市のタピック県総ひやごんスタジアムで愛媛FCと対戦し、2―0で完勝した。水戸、柏に続きリーグ開幕3連勝とした。

 積極的に前に仕掛けるチーム同士の対決となった。前半10分、相手DFのパスミスをうるま市出身の上門知樹が素早くカットし、そのまま先制点を上げた。相手に主導権を握られ苦しい時間が続いたが後半30分、鈴木孝司が追加点を挙げて引き離した。最後まで守備陣の堅守も続き、無失点で連勝を伸ばした。

 琉球は16日午後7時から、同スタジアムで徳島ヴォルティスを迎え撃つ。

...    
<記事全文を読む>