明治安田J3第1節最終日は10日、熊本市のえがお健康スタジアムなどで8試合を行い、AC長野パルセイロはJ2から降格した熊本と2―2で引き分けた。2季ぶりの開幕白星はならなかった。

 AC長野は新加入が4人先発。3―4―2―1の布陣で臨み、3バックの左に池田、中央に浦上、山田がボランチ、木村がワントップに入った。

 前半は前線から圧力をかけて球を奪ってゴールに迫ったが、シュートまで持ち込めない場面が多く0―0。後半6分、内田の左クロスを東が右足で合わせて先制した。しかし、35分に大島が自陣ペナルティーエリア内で相手を倒して一発退場。PKを決められ...    
<記事全文を読む>