ピッチでは切れ味鋭いドリブルと強気のシュートで相手を翻弄(ほんろう)する一方、普段はおっとりした関西弁の口調が周囲を和ませる。FW岸本武流(21)=奈良県出身=は、そんな不思議なギャップが魅力の気鋭のアタッカーだ。

 鹿児島とのシーズン開幕戦で後半途中、トップの一人として交代出場し、わずか10分後にCKから初得点を決めた。岐阜戦では右サイドに起用され、正確なクロスで何度も好機をつくって観客席を沸かせた。

 「とにかく試合に出たい。出たら結果を出すんで、いつでも、どこ(のポジション)でも使ってくれって気持ち」と屈託ない。1対1での突破力や最後まで走りきる走力にも「負...    
<記事全文を読む>