J2徳島ヴォルティスは10日午後2時から鳴門ポカリスエットスタジアムで大宮アルディージャと対戦する。前節の岐阜戦で今季初白星を挙げた徳島だが、組み立てのミスからピンチを招くなど課題も出た。決定力の高いFWを並べる大宮が相手だけに、しっかり修正して連勝を狙いたい。

 岐阜戦の前半は徳島がペースを握った。右サイドでフリーの岸本が再三精度の高いクロスを入れて得点機を演出。守っても鈴木徳らが早い段階でボールを奪い、反撃の隙を与えなかった。最終ラインの一角に入った内田航は「自分たちのペースでボールを動かし、シュートまでつなげたことが最大の収穫」と話す。

 一方、後半はパス...    
<記事全文を読む>