サッカーJ2に今季から参戦しているFC琉球。ハイレベルなリーグに戦いの場を移し、より注目度も高まっている。「J2元年」の今季、初のアウェー戦の相手はJ1経験もある大宮アルディージャだった。Jリーグが掲げる地域密着を実践しサッカーによる街づくりを進める“先輩クラブ”の街を歩いた。

琉球歓迎の横断幕

 「ようこそ大宮へ 歓迎FC琉球 アルディージャ後援会 すずらん通り正栄会」

 2日のアウェー戦。大宮駅を出ると商店街のアーケードに掲げられた横断幕が目に飛び込んだ。琉球サポーターもこの横断幕に気持ちが和んだ人も多いはず。スタジアムへと向かう気持ち...    
<記事全文を読む>