サッカーのJ3群馬を昨季限りで退団したFW大久保哲哉(38)=横須賀市出身=が現役続行の可能性を模索している。J1、J2が開幕した現在も所属先が決まっていない状況だが、Jリーグ通算99ゴールのストライカーは「自分を欲しいと言ってくれるチームがあるのなら、(現役を)やりたいという思いが一番」と再びピッチに立つことを目指している。

現役続行の可能性模索

 市横須賀(現横須賀総合)高から駒大を経て2003年にプロ入りした大久保は、J2横浜FCでは通算7シーズンプレー。190センチ、81キロの恵まれた体格から“ジャンボ”の愛称でサポーターに親しま...    
<記事全文を読む>