仙台が今季公式戦初勝利を挙げた。3-1というスコア以上に内容でも圧倒。人とボールが連動する、得意の攻撃がはまった。
 DFラインから流れるようにボールを前に運んだ。顔を上げてボールを受けると、相手を誘い、空いたスペースにパスを通す。吉尾が中央に移動したり、松下や梁勇基が3バックの間や脇に下りたりすることで、鳥栖のマークを揺さぶった。ますます出足が遅くなった鳥栖に対し、プレーのテンポが上がる好循環が生まれた。
 前半45分の先制の場面も、DFラインからパスをつなぎ、ゴール前まで迫った。2分前にPKを外していたジャーメインが今度は冷静にシュートを決め、「気持ちは切り替え...    
<記事全文を読む>