福岡のファビオ・ペッキア監督(45)が6日、第3節の京都戦(9日・博多の森陸上競技場)での今季初白星に自信を見せた。第2節まで1分け1敗。本拠地開幕戦だった前節の長崎戦はスコアレスドローだったものの、「今のプレースタイルを忘れてはいけない。ゴールチャンスはできている」と強調した。

 長崎戦の前半は敵陣で攻めるシーンが目立つなど、前線からプレスをかける攻撃的なサッカーに手応えは十分。セットプレーからも積極的に得点を狙う考えだ。前節に今季初白星を挙げた京都については「縦でプレーするチーム。サイド、中盤も縦と裏を狙って動く」と戦術を分析。6日は雁の巣球技場(福岡市東区)での調整を...    
<記事全文を読む>