ルヴァン杯初戦で新生ベガルタのベースアップを示す。渡辺監督は横浜Mとのリーグ戦から先発11人全員の入れ替えを示唆し、10人の新加入選手も多く含まれそう。ターンオーバーで多くの選手の力を試し、リーグ戦との相乗効果を狙う。
 昨季はプレーオフで敗退し、決勝進出の目標を逃した。「優勝が大きな目標。総力を結集して戦いたい」と渡辺監督。強い決意が4日の紫山サッカー場での練習に表れた。横浜M戦の先発選手が軽い調整で引き揚げるのを横目に、居残った選手は練習を続行。ショートパスを素早くつなぎ、吉尾ら3トップが盛んにゴールを狙った。
 先発が見込まれるメンバーの多くがリーグ戦出場を果...    
<記事全文を読む>