JリーグのYBCルヴァン・カップは6日、ヤマハスタジアムなどで開幕し、1次リーグ第1節8試合を行う。D組の磐田はホームでG大阪と、清水は敵地で松本と対戦する。
 清水は若手とベテランの融合で臨む。松本とのリーグ戦対戦成績は1分3敗、4試合とも無得点と相性は良くない。二見は「序盤は我慢強く戦う。こぼれ球を拾えるかが鍵」とイメージする。2トップは2年目の滝と鄭大世が有力。2日のリーグ戦で初出場初得点した滝は「下の世代から押し上げないと」とアピールを誓う。
 1次リーグはJ1の14チームとJ2柏、長崎の計16チームが4組に分かれホームアンドアウェー方式で対戦する。各組2位...    
<記事全文を読む>