◆明治安田生命J2第2節 福岡0-0長崎(2日・東平尾公園博多の森陸上競技場)

 今季初白星はお預けとなった。それでも1万2028人の観客が詰めかけたホーム開幕戦でつかんだ勝ち点1には、確実な手応えが反映された。「勝てなかったのは悔しいが苦しい中で集中して90分戦えた。みんなのパフォーマンスはうれしく思っている」。ペッキア監督は形になりつつあるスタイルにうなずいた。

 あとは最後の一押しだけだ。前半から敵陣で主導権を握り、高い位置を取った両サイドバックの輪湖や実藤がゴール前にクロスを供給するなど何度も好機をつくった。

 後半には輪湖がペナルティーエリ...    
<記事全文を読む>