サッカーJ1・大分トリニータは2日、大分市の昭和電工ドーム大分で、今季のホーム開幕戦に臨んだ。1万3329人の観客が訪れ、勝利を願う声援でチームを後押ししたが、同じ昇格組の松本山雅FCに0―1で敗れた。

 (23、25面に関連記事)
 前節、敵地で鹿島に勝ち、開幕2連勝への期待が高まる中で迎えた今季のホーム初戦。トリニータは堅守を誇る相手に対し、自慢の攻撃的サッカーを見せることができなかった。ゴール前へ迫ってもシュートまで持ち込めない苦しい展開が続いた。
 互いに無得点で迎えた後半5分、トリニータは自陣のクリアボールがゴールバーに当たってはね返り、こぼれ球を相手に決め...    
<記事全文を読む>