サッカーのアマチュア最高峰リーグ、日本フットボールリーグ(JFL)の鈴鹿アンリミテッドFCは2日、今月のリーグ開幕を前に、拠点の鈴鹿市にスポンサーや行政、サッカー関係者らを集めて新体制の概要を報告した。

 JFL参加初年度のためリーグ残留を現実的な目標に掲げる。Jリーグ、JFLを通じて国内初の女性監督に就任したスペイン国籍の新監督、ミラグロス・マルティネス氏は通訳兼任の小澤哲也コーチを介し「選手は技術が高く、秩序を保って行動できる。全員で1つでも上に行きたい」と力を込めた。

 選手29人はモータースポーツの街、鈴鹿市を意識したチェッカーフラッグ柄に、市内を流れる...    
<記事全文を読む>