明治安田J1第2節最終日は2日、大分市の昭和電工ドーム大分などで7試合を行い、松本山雅は大分に1―0で勝った。今季初勝利を挙げ、1勝1分けとして勝ち点4。まだ2試合の消化ながら4位につけた。

 松本山雅、大分とも前節と同じ先発メンバー。前半は両チームとも好機を生かせず無得点で後半に折り返した。松本山雅は後半5分、高橋のクロスを相手がクリアしたボールがバーに当たって跳ね返り、そのこぼれ球を永井が左足で押し込んで先制。高い位置からの激しい守備を90分間やり抜き、相手をシュート1本に押さえて無失点でリードを守りきった。

 名古屋はC大阪に2―0、横浜Mは仙台に2―1で...    
<記事全文を読む>