サッカーJ1松本山雅FCの運営会社は28日、田中隼磨選手(36)がサンプロアルウィン(松本市)に子どもを無料招待する「HAYUMAシート」を設けると発表した。リーグ戦とYBCルヴァン・カップ1次リーグのホーム戦計20試合で設ける。初回となる6日の清水戦(ルヴァン杯)と、9日の浦和戦(リーグ戦)の申し込みを3日まで受け付ける。
 招待席はプレーを最も間近で見られるピッチ脇の「エキサイティングピッチシート」の一角。2015年から毎年設けており、1試合につき小中学生と保護者3組計6人を招待する。費用は田中選手が負担する。田中選手は「国内最高レベルのJ1の選手たちのプレーを見たり、ス...    
<記事全文を読む>