BCリーグ信濃グランセローズの激励会が30日、練習拠点のある中野市であった。球団史上初めて県内出身者として指揮を執る柳沢裕一監督(47)=松本市出身=や選手ら35人が参加。4月6日の開幕を前に、健闘を誓った。

 中野市民やファン約200人が集まり、選手らは市内の少年野球チームの子どもたちと手をつないで入場。柳沢監督は「皆さんに愛されるチームにしたい。温かい目で見守ってください」と呼び掛けた。

 選手は順番に自己紹介し、目標を宣言。「日本一になり、中野や長野県を盛り上げたい」といった熱の入った言葉に、市民が拍手を送った。

...    
<記事全文を読む>