これぞ4番! 窮地を救う全打点!! 29日のオリックスとの開幕戦で劇的なサヨナラ満塁弾を放った中田翔内野手(29)が、2回戦となる30日も主砲の力を見せつけた。2点を先制された後の三回に同点の2号2ランを放つと、再び2点差の九回2死無走者から、打線がつないだ満塁機に、起死回生の同点適時打。敗色濃厚の場面でチーム力を結実させた。試合は5時間を越える死闘の末、延長十二回引き分けに終わるも、主砲は2試合で2発8打点。きょう3回戦も、カード勝ち越しへ主砲が打ちまくる。

 感情の赴くままに、ほえた。4番の中田が黒星をかき消した。2点を追った三回に2戦連発となる2ランを放ち、再び突き放...    
<記事全文を読む>