◇広島5-0巨人

 広島は三回に安部のソロで先制し、八回には会沢の2点二塁打などで4点を奪い突き放した。大瀬良が8回無失点で白星を挙げた。巨人は丸が4三振を喫するなど好機での拙攻が目立ち、菅野の力投を援護できなかった。

◆8回無失点、11奪三振

 八回1死一、二塁。無失点で切り抜けてきた広島の先発大瀬良が最大のピンチを迎えた。打席には昨季までのチームメート、丸。リードはわずかに1点。それでも、エースは動じない。「とにかく目の前の打者を抑えよう」。ここからの7球が圧巻だった。...    
<記事全文を読む>