不振にあえいでいた東北楽天のブラッシュが左越えソロを含む3安打2打点と気を吐いた。「開幕が間近のこの時期に結果を残せたのはプラス」と自信を取り戻した。
 16日以降の出場したオープン戦4試合は15打数1安打、11三振と苦しんだ。196センチの長身で低めのストライクゾーンに戸惑い始めたことに加え、日本の投手の攻めで徐々に打撃フォームを崩され「踏み込む動作が変わっていた」。
 首脳陣の配慮で前日の試合は出場せずにリフレッシュに充てた。練習では打撃コーチらの助言でフォームの修正に取り組んだ。「ここまで長いキャンプや移動の多さを経験したことがない。(前日の)休みは大きかった...    
<記事全文を読む>