「守備の時に一人だけグラウンド全体を見渡せる景色が大好き。やっと戻って来られた」。四国アイランドリーグplusの香川に所属した昨季は3割近い打率でリーグ優勝に貢献。勝負強い打撃を身上にしながら、今季は5年ぶりに本職の捕手として勝負を懸ける。

 愛知県出身。捕手だった東邦高では同期の関根大気(DeNA)らと中軸を組んだ。卒業後に入団した香川では外野手や指名打者での起用が続き、「もう一度捕手として上を目指したかった」。香川を退団して受験した昨秋のトライアウトで、捕手出身の柳沢監督の目に留まった。

 選手、コーチとしてNPBで活躍した指揮官の下、「自分の知らない技術や...    
<記事全文を読む>