安楽が先発ローテーション入りの試験も兼ね2番手で登板、3回1失点の投球内容を「中途半端な結果だった」と悔やんだ。平石監督も「可も無く不可も無く」と厳しかった。
 六回に登板し、先頭のアルモンテに右前打を許した。ビシエド、阿部(岩手・一関一高-明大出)を打ち取るまでは良かったが、高橋に四球を与え、堂上に左前適時打を許した。
 安楽は「決め球が浮いてしまったり、打たれてはいけない場面で大胆に攻められなかったりした。課題を修正したい」と話した。

...    
<記事全文を読む>