プロ野球・横浜DeNAベイスターズは21日、球団発祥の地、下関で予定し雨天中止となった球団創設70年の記念試合を横浜市の横浜スタジアムで実施した。選手たちは大洋ホエールズ時代の復刻ユニホームを1日限定で着て試合に臨んだ。

 球団創設時のオーナー企業だった大洋漁業を前身とするマルハニチロが公式スポンサーを務め、同社商品「ベビーハム」の復刻デザイン品などを来場者に配った。下関市出身の歌手、山本譲二さんは背番号「70」の復刻ユニホーム姿で代表曲「みちのくひとり旅」を披露。山本さんは「父と下関球場で観た景色を思い出し、感動しました」と興奮さめやらぬ様子だった。

 始球式...    
<記事全文を読む>