リーグ3連覇の赤ヘル打線に顔色一つ変えず、淡々と投げ込んだ。ドラフト3位大貫(新日鉄住金鹿島)がオープン戦初先発のマウンドで5回無失点。開幕ローテーションの座をほぼ手中に収めた。

 横浜市青葉区出身の右腕が、憧れのハマスタのマウンドに立った。友人も応援に駆け付け、「球場に来る前からすごく緊張していた」という。ただ、その言葉が似合わないほどの大人の投球で首脳陣をうならせた。

 毎回走者を背負う展開にも「意図した通りに投げられた」と、得意のツーシームやスプリットを低めに集めて凡打に封じた。

...    
<記事全文を読む>