開幕まで500日を切った東京五輪を盛り上げようと、大会組織委員会と東京都は17日、野球・ソフトボール競技が実施される福島市で、プロ野球名球会の東尾修さん(68)と和田一浩さん(46)による野球教室を開いた。
 同市荒井のふくしま自治研修センターグラウンドであった教室には、市内などの少年野球6チームに所属する53人が参加した。
 東尾さんと和田さんは野球の基本動作を身ぶり手ぶりを交えて指導。キャッチボールでは東尾さんが「相手をよく見て投げて」と呼び掛け、打撃練習では和田さんが「空振りしてもいいから思い切って振ることが大事だ」と強調した。
 五輪競技が市内で実...    
<記事全文を読む>