キャンプ中のBCリーグ信濃グランセローズは15日、長野市の長野オリンピックスタジアムで今季初の紅白戦を行い、実戦感覚を養った。
 六回までの変則試合で、野手11人が紅白に分かれ、足りないポジションには投手が入った。指名打者はなし。紅組は名取、白組は群馬から加入した柿田が先発した。
 試合は、一回1死三塁から赤羽の左前打で紅組が先制。二回には無死二塁から船崎の右前打で1点を追加した。白組は六回1死一、二塁から上原の中前適時打で1点を返した。2―1で紅組が勝った。
 柳沢監督は「野手に次の塁を狙う姿勢が出ていた一方、投手や捕手は走者を警戒できなかった。実戦を通...    
<記事全文を読む>