野球の第17回東北中学校選抜大会は16、17の両日、仙台市のシェルコム仙台で行われ、本県選抜は3連覇を目指す。

 山形を除く東北5県と札幌市、開催地の仙台市・地区の計8チームが参加。本県選抜は、仙台地区選抜との初戦を突破すると、準決勝は仙台市と青森県の勝者と当たる。

 2年生24人のチームは昨年12月から、5度の合宿を行い、チーム力を強化してきた。

 投手陣は工藤翔大(久慈)、吉田李音(盛岡・河南)を軸に、左投げ、下手投げなど異なるタイプをそろえる。打線は強打の瀬戸大空(そら)(釜石東)、三浦和希(奥州・前沢)らを中心に、好機で1点を積み重ねる。 <記事全文を読む>