奥州市出身の米大リーグ、エンゼルス大谷翔平選手を応援する同市の「ふるさと応援団」(会長・小沢昌記市長)は20日から、応援サポーターを募集する。同市の企業・団体を対象とし、ポスターやステッカーを掲示して地元の応援機運をさらに高める。

 市内に事務所・事業所を置く企業や振興会、町内会、学校、スポーツ少年団などの登録を見込み、目標は100団体。登録すると、市が作製したポスター1枚とステッカー10枚がもらえ、建物や車の掲示に使える。

 ステッカーは公共施設などに掲示してきたポスターと同じデザインで「わたしたちは大谷翔平選手を応援しています」と記載。B6判、B7判の2種類...    
<記事全文を読む>