ドラフト1位新人の吉田輝(秋田・金足農高)が12日、千葉・鎌ケ谷スタジアムで行われた春季教育リーグの楽天戦で初の対外試合に登板し、1回無失点だった。

 ヒメネスを四球で歩かせ、岩見は高めの直球で空振り三振。山下(札幌市出身)の中前打で1死一、二塁とされたが、橋本は内角低めの直球でバットを折り、二ゴロ併殺に仕留めた。

 全20球のうち18球が直球で最速146キロ。吉田輝は「全力ではなくカウントを取る直球で空振りやファウルを取れた。プロの試合の雰囲気が分かって楽しかった」と振り返った。

...    
<記事全文を読む>