大きな野望を持って、プロの世界に飛び込んだ。ロッテのドラフト4位ルーキー山口航輝(明桜高)は、日本ハムのドラフト1位新人の吉田輝星(金足農高)をライバルと公言してはばからない。「いずれ吉田を超えるために頑張っている」と強い思いを口にする。

 2017年夏、甲子園大会を懸けた秋田大会決勝でぶつかった。ともにチームをけん引する2年生エース。甲子園の切符を手にしたのは山口だった。しかし、この試合中に吉田輝のけん制球で一塁へ帰塁した際、利き腕の右肩を脱臼。甲子園では4番として試合に出場したが、マウンドに立つことはかなわなかった。

...    
<記事全文を読む>