東日本大震災の発生から8年を迎えた11日、東北楽天は辛島航、福井優也、新人の弓削隼人(SUBARU)の3投手が静岡県草薙総合運動場野球場(静岡市)で黙とうした。
 キャッチボールなどの練習後の午前11時45分ごろ、スコアボード上に掲げられた半旗を背に、3投手とスタッフ合わせて10人が1分間、鎮魂の思いをささげた。
 発生当時、仙台で調整中だった辛島は「寮に帰っても食事がなく、翌日からは水も出なくなった。あの時のことは死ぬまで忘れない。今も大変な人たちがいっぱいいる。しっかり胸に刻んで、これからもやっていきたい」と語った。
 広島から移籍してきた福井は「辛島...    
<記事全文を読む>