広島の中崎が進化をもくろんでいる。常にセットポジションで投げていたこれまでの投球フォームを見直し、走者のいない時はノーワインドアップで投げるように。「セットでは足を上げてからの動きだしや体が前に行くタイミングが合わず、腕が出てこなかった。スムーズに体を動かせるように」と狙いを明かす。

...    
<記事全文を読む>