10日に岡山県倉敷市のマスカットスタジアムで予定されていたオープン戦の東北楽天-西武は、降雨のため中止となった。投手陣は今季初登板を控えていた松井らがブルペンで投げ込んだ。野手陣は島内らがグラウンドでキャッチボールなどをした。
 登板機会が持ち越しとなった松井は「今日投げたかった」と残念な様子。次戦に向けて「マウンドで打者との間合いをしっかり確かめたい。力まずに投げることも意識する」と話した。
 オフの自主トレを一緒に行っている則本昂が右肘の手術で離脱することについて「(則本昂の)モチベーションが上がるような順位でいられるよう、みんなで頑張りたい」と語った。

...    
<記事全文を読む>