BCリーグの信濃グランセローズは9日、長野市の長野オリンピックスタジアムでキャンプ入りした。選手らは練習用のユニホームに袖を通し、晴天の下、はつらつとプレー。4月6日の開幕に向けて本格的に始動した。

 

 練習に先立ち、竹内球団社長は「みんなが一つになり、しっかり練習し、良い準備をして開幕を迎えられるように頑張ろう」と激励。今季から指揮を執る柳沢監督は「日本一明るい、元気のあるチームが目標でもある。内に秘めた闘志はいらない。気持ちを前面に出していこう」と引き締めた。

 

 練習は午前10時すぎに始まり、午前はストレッチなどで体を温めた後、投手と内野...    
<記事全文を読む>