野球独立リーグ・ルートインBCリーグの開幕を4月6日に控えた栃木ゴールデンブレーブス(GB)の春季キャンプが9日、小山ベールボールビレッジで始まった。新加入の11人を含む26選手が投打の練習に汗を流した。

 午前中はウオーミングアップの後、走者を置いた投内連係やノックなど守備中心のメニュー。現役時代に守備の名手として活躍した寺内崇幸(てらうちたかゆき)監督と岡田幸文(おかだよしふみ)外野守備走塁コーチが、フライを捕る際の声掛けの仕方など細かい部分を指導する場面もあった。

...    
<記事全文を読む>