◆オープン戦 ソフトバンク5-2西武(6日・ヤフオクドーム)

 初の開幕ローテ入りに「当確」ランプをともした。3年目の今井が5回を3失点。粘りの投球で先発としての仕事を果たした。「(失点した回も)最少失点で踏ん張れたのは良かった」と本人も手応えを強調。辻監督は「開幕ローテ? もちろん。年間通してやってもらわんといかん」と明言した。

 初回、牧原に先頭打者アーチを浴びる苦しい展開だった。「2ボールから置きにいった真っすぐを運ばれた」と反省。さらに無死満塁とピンチを招いて火が付いた。中村晃を一ゴロに打ち取ると、内川、松田宣をいずれも150キロ超の直球で空振り三振。「...    
<記事全文を読む>