プロ野球北海道日本ハムは4日、清宮幸太郎内野手(19)が東京都内の病院で精密検査を受け、右手首の骨折と診断されたと発表した。全治は不明。初の日本代表トップチームのメンバーとして臨む予定だった9、10日のメキシコ代表との強化試合は出場を辞退した。29日の公式戦開幕までの復帰も絶望的となった。

 骨折箇所は右手首の小指側にある有鈎骨(ゆうこうこつ)。清宮内野手は3日に札幌ドームで行われたDeNAとのオープン戦で、九回にファウルを打った際に痛みを訴え途中交代していた。東京・早実高からドラフト1位で入団し、昨季は王貞治氏の1年目に並ぶ7本塁打を記録。2年目の今季は2日のDeNA戦で...    
<記事全文を読む>