西武の辻発彦監督(60)が1日、2019年型「獅子脅し打線」の構想を明かした。今季のオープン戦初戦となる広島戦(佐賀)に向け、宮崎・清武で全体練習。1カ月のキャンプで十分な手応えをつかみ、故郷佐賀での試合を前に新打線の輪郭を思い描いた。

 「もうあっという間に開幕だよ」。月が変わり、辻監督は「3・29」開幕を見据えた。10年ぶりにリーグ優勝した昨季のチーム総得点は792点で球団記録を大幅に更新。打点王に輝いた不動の3番の浅村は楽天に移籍したが、12球団最強の打線は多士済々だ。

 中軸の並びについて、辻監督は「山川の後ろは森と決めている。バッティングがいいから。森...    
<記事全文を読む>