◆練習試合「球春みやざきベースボールゲームズ」オリックス0―3西武(28日・清武)

 西武のドラフト6位の森脇亮介投手(26)=セガサミー=が28日、オリックスとの練習試合(清武)で2回を2安打無失点と好投し、開幕1軍入りをアピールした。一方で4位の粟津凱士投手(21)=東日本国際大=は1回無失点もB班(2軍)降格が決定。両投手とも実戦では無失点を続けていたが、明暗は分かれた。

■2回被安打2

 5回に登板した森脇は変則的なフォームから最速145キロの直球を投げ込んだ。走者を背負いながらもけん制で刺すなど器用な面も見せた。これで紅白戦から4試合連続計...    
<記事全文を読む>