バレーボールVリーグ男子1部の大分三好ヴァイセアドラーは23日、奈良県のジェイテクトアリーナ奈良でジェイテクトスティングスと対戦。よく粘ったが、1―3で敗れ、3連敗。通算成績は4勝22敗(11点)で今季の9位は既に決まっている。
 大分三好は24日、同会場でFC東京との今季最終戦に臨み、リーグ戦の全日程を終える。

かみ合わず先行を許す
 大分三好は前回対戦時(昨年12月)にトップリーグ昇格後の初勝利を挙げたジェイテクトと対戦。相性のいい相手から白星を狙いにいったが、逆にはね返された。
 右肩痛でフル出場できない大黒柱のマークを欠いた布...    
<記事全文を読む>