バレーボールVリーグ男子1部の大分三好ヴァイセアドラーは17日、富山県の氷見市ふれあいスポーツセンターで東レアローズと対戦し、1―3で敗れた。通算成績は4勝21敗(11点)。残り2試合で今季9位は確定したが、下部のライセンス獲得状況から入れ替え戦はないため、降格危機は脱している。
 大分三好は23日、奈良県のジェイテクトアリーナ奈良でジェイテクトスティングスと対戦する。

第4セット粘り見せる
 試合の中で弱点を修正しながら尻上がりに調子を上げた大分三好。東レに1―2とリードされ、後がない第4セットもジュースに持ち込んで粘ったが、フルセット勝ちし...    
<記事全文を読む>