バレーボールVリーグ1部のV1は10日、富山県の黒部市総合体育センターなどで行われ、女子西地区で5位の岡山シーガルズは首位の久光製薬に1―3で敗れ、連勝がチーム記録タイの7で止まった。9勝9敗で勝ち点を28から伸ばせず、東西上位4チームによるプレーオフ(PO)進出は厳しい状況となった。

 第1セットを23―25で落としたシーガルズは第2セットを佐々木、金田らの活躍で奪い返した。だが、その後は競り合いをものにできなかった。

 久光製薬は17勝目(2敗)を挙げ、西地区1位でのPO進出が確定。勝ち点36としたトヨタ車体がPO行きを決めた。

 西地区最後の1...    
<記事全文を読む>