バレーボールVリーグ1部(V1)女子の岡山シーガルズは9日、富山県黒部市で行われたリーグ戦で、デンソーを3―0で下し、トップリーグでのチーム記録に並ぶ7連勝を飾った。通算9勝8敗で勝ち点28。西地区5位に変動はないが、東西の4強によるプレーオフ「ファイナル8」進出に望みをつないだ。

 シーガルズは4戦連続のストレート勝ちで、白星先行は今季初めて。レフト金田の強打やセンター居村の速攻など攻撃が機能し、第1セットを25―20で先取。終盤まで3点を追う展開だった第2セットは逆転で奪うなど東地区3位の難敵を寄せ付けなかった。

 7連勝は初めて3位となった2012―13年...    
<記事全文を読む>