バレーボール男子Vリーグ1部(V1)は9日、大分県の別府ビーコンプラザなどで4試合を行い、VC長野トライデンツは4位の豊田合成と対戦し、0―3で敗れた。21連敗となったVC長野の通算成績は1勝22敗の勝ち点3。順位は10位(最下位)のまま。

 VC長野は第1セット、豊田合成の伝田亮太(創造学園高―中大出)にブロックを決められるなど流れをつかめず、15―25で先取された。第2セットは序盤こそリードしたものの、終盤に7連続失点して逆転で落とし、第3セットも相手のブロックにつかまった。

 VC長野は10日午後3時から同じ会場で9位の大分三好と対戦す...    
<記事全文を読む>